愛知県立豊橋南高等学校音楽部OB会会則


第1章 総則

第1条(名称)
 本会は,愛知県立豊橋南高等学校音楽部OB会と称する.
第2条(目的)
 本会は,会員相互の親睦を図り,互いの友情と信頼とを末永く保つと共に,母校音楽部及び同部員の発展と向上のため指導・援助することをもって目的とする.
第3条(活動についての制限)
 本会は,前条に定めた目的に添って活動するが,営利を目的とする活動及び他の団体・個人への金銭及び現物等による援助等は原則としてこれを行わない.
第4条(本部)
 本会は,本部を事務局員長宅に置く.
第5条(支部)
 本会は,遠隔地に居住する会員との連絡等にあたる機関として,東京に支部を置くことができる.
2. 前項に定める支部の担当する地域は,北海道・東北・関東の各地域とする.

第2章 会員

第6条(会員となる資格)
 本会は,愛知県立豊橋南高等学校に在籍した者であって,在学中音楽部に所属していた者すべてを会員とする.
第7条(会員としての資格の喪失)
 愛知県立豊橋南高等学校音楽部に所属する者は,同校を卒業した年の卒業式の日をもって会員となる資格を有する.
2. 本会の会員は,死亡の日をもって会員の資格を失うものとする.
3. 本会の会員は,前項の事由の外,会長に対し脱会したい旨の申し出をすることにより会員の資格を失う.この場合,会員としての資格喪失の日は提出された書面に記された日とする.

以下の条件を満たす場合は脱会の申し出と同等の扱いとする会則改正を予定しています※意図せず条件を満たした場合の復帰条件は要検討

第3章 会員の権利・義務

第8条(会員の権利)
 本会の会員は,会の活動等に関する一切の事項につき平等の権利を有する.
第9条(会員の義務1)
 本会の会員は,本会則を遵守しなければならない.又,本会の目的に反する言動は一切謹まねばならない.
第10条(会員の義務2)
 本会の会員は,自己及び特定の個人又は団体の利益のため本会の名称を用い,又は,会に無断で本会に属する物品等を貸与,売却し,或いは購入する等の行為は一切してはならない.

第4章 役員,係及び顧問

第11条(役員)
 本会は,下記の役員を置く.
  1. 会長:1名
  2. 副会長:0または1名
  3. 監査役:2名
  4. 事務局員長:1名
  5. 書記:数名
  6. 会計:数名
  7. 庶務:数名
2. 前項に定める役員の選任は総会において行い,任期は選任された総会の行われた日から2年後に行われる定期総会終結の時迄とする.
3. 本条に定める役員は,総会において全出席の3分の2以上の請求により罷免することができる.
4. 他の役員の在期中,欠員の補欠
5. 役員の辞任により欠員を生じても,運営に差しつかえない限りその補欠役員の選任は次回総会の日まで延期することができる.
6. 本会は,第1項に定める役員の外,必要に応じて常設及び臨時の役員を置くことができる.この場合の設置及び選任は総会において行う.
第12条(支部役員)
 本会は,第5条に定める支部の役員として下記の者を置く.
  1. 支部長:1名
  2. 副支部長:1〜2名
2. 支部長,副支部長は,必要に応じ他の支部役員又は係を設置し,各関係地域に居住する者を選任することができる.
3. 支部役員の任期等については,第11条の規定を準用する.
第13条(係)
 本会は,同期生を1つの単位とし,その中から次の係を選任して同期生内における会についての連絡及びその他関係事項の処理にあたる.
  1. 責任者:1名
  2. その他必要に応じ設置した係
2. 前項の係の選任,任期等については各同期生内の自由な決定にまかされるものとする.又,改選等の際には速やかにその旨を事務局迄報告しなければならない.尚,本条の係と第11条,第12条に定める役員との兼任はこれを妨げない.
第14条(顧問)
 本会は,母校音楽部の歴代顧問教諭を顧問として迎える.

第5章 総会

第15条(総会の開催)
 本会は,毎年1月上旬に定期総会を,また,必要に応じ臨時総会を開催する.
第16条(召集及び通知)
 総会は、会長が招集し、その通知は、事前に全会員に対しその連絡先へ文書(電子媒体を含む)にて行われる。但し、緊急を要する場合はこの限りではない。
第17条(会員の総会への出席の義務)
 員は、総会に出席するを原則とする。但し、欠席する場合には出席者に議事を委任することができる。また、委任状等を通して意見を伝えることができる。なお、委任状の提出が無い場合には議長に委任したものとする。
第18条(定足数)
 出席及び委任者が、過半数に達しない状態で開催された総会の決議は、その理由の如何を問わず有効に成立しない。
第19条(決議)
 総会における決議は,別段の定めある場合をのぞき,すべての議案につき全出席会員の過半数をもって決する.
第20条(議長)
 総会の議長は,会長又は役員の中から選ばれた者が行う.

第6章 事務局

第21条(事務局の設置)
 本会は,本会則に定める本会の目的及び総会の決議に基づいて会の運営を執行し各種の活動を進めると共に,会報及び会員名簿の作成,その他会に関する諸事項を処理する機関として事務局を設置する.
第22条(事務局の構成)
 事務局は,第11条に定める役員により構成する.
2. 事務局には,前項に定める者の外,必要に応じ他の会員を参加させることができる.
第23条(事務局の権限に対する制限)
 事務局は,次に定める事項については,必ず総会の決議を得なければならない.
  1. 会費の金額改訂に関する事項
  2. 本会則の改正,追加,変更等に関する事項
  3. 本会の存続の可否に関する事項
  4. 役員の任免に関する事項
  5. その他,総会の決議を必要とすべき重大な事項

第7章 会費

第24条(会費)
 本会は,会の運営・活動の資金として,全会員より年間一律1000円を徴収する.
第25条(会費の徴収)
 全会員は,会計より指示された方法により,前条所定の会費を,原則として定期総会開催の日までに当会計年度分を納めなければならない.但し,特別の事情のある時は,その旨を会計まで申し出ることにより延納が認められる.
第26条(会費の金額改訂)
 会計及び会員は,物価動向その他諸事情により会費の金額改訂の必要あると思われるときは,必ずその理由を附して,総会に会費の金額改訂の承認を求めることができる.
2. 前項に定める会費の金額改訂は,総会において全出席会員の3分の2以上の承認により実施される.
第27条(臨時会費)
 本会は,第24条乃至第26条に定める会費の外,必要に応じて臨時の会費を徴収することができる.但し,本条に定める会費については,総会において出席会員の3分の2以上の承認のある場合の外は,全会員に対し納付を強制することができない.

第8章 会計

第28条(会計年度)
 本会は,毎年1月上旬に開催される定期総会において,前年度分の会計報告をし総会の承認を得なければならない.尚,会計報告は,総会後最初に発行される会報においても行われる.

第9章 会員名簿及び会報

第29条(会員名簿)
 本会は,2年毎の春に全会員を掲載した名簿を作成する.
2. 名簿への記載は次のとおりとし,全員同一とする.
  1. 氏名
  2. 卒業年月
  3. 現住所(「連絡先」)・電話番号
  4. 帰省先・電話番号
  5. その他
3. 会員の都合により請求あるときは,記載事項を削除し,変更し,追加等をすることができる.
第30条(会報)
 本会は,原則として総会終了後に会報を,又,必要に応じて臨時の会報を編集発行する.
第31条(会員名簿及び会報の作成・編集・発行)
 第30条及び第31条に定める会員名簿及び会報の編集・発行は,事務局が当たる.

第10章 付則

第32条(活動年度)
 本会の活動年度は,1月上旬の総会開催日から翌年の総会開催日の前日までとする.
第33条(本会則の改廃)
 本会則は,総会において全出席会員の3分の2以上の決議により改廃することができる.
第34条(施行)
 本会則は,昭和60年8月18日より施行する.

平成4年8月
第15条,第32条を改正(総会開催時期変更)
平成14年1月
第29条,第30条を改正(名簿,会報の全員への配布停止)
平成15年1月
第7条,第16条,第17条,第18条を改正(退会要件、委任に関する見直しなど)
平成30年1月
第5条,第11条,第29条を改正(役員・名簿内容見直しなど)
平成31年1月
第11条を改正(副会長定員変更)
令和3年1月
第7条を改正予定(自動脱会)

トップページに戻る